TOPICS

メールマガジン

アメリカでの家族ベースでの永住権申請の可能製判定表

3つの安心

CONTENTS

携帯サイトはこちら

メールフォームでのお問い合わせはこちら

移民法 アメリカ 弁護士 MtBook US Visa Support

申請サポート

ビザ、永住権、市民権の申請のサポートは、
経験を積んだ移民弁護士に依頼するのが一番です。

非移民ビザ 教育 F=学生
J=交換訪問者
M=専門学校生
ビジネス A=外交官
B1/B2=短期滞在者
D or C=米国で乗り継ぎをする者
E-1=貿易業務従事者
E-2=投資家
G=外国政府、国際機関職員
H=主に専門職
I=報道関係者
L=同一企業内での国際転勤者
O=科学、芸術、教育、ビジネス、又はスポーツの分野で国内又は国際的なレベルにある者、又は映画若しくはテレビ製作関係者
P=国際的に認められてスポーツ
選手及び芸能人
Q=母国の歴史、伝統、又は文化を対象とした国際的交流を行う者
のためのビザ
R=聖職者又は宗教団体職員
S=犯罪情報提供者
T=拷問被害者
TN=NAFTA加盟国民のための短期ビジネスパーソン
U=暴力犯罪被害者
家族 K=米国市民の配偶者・フィアンセ
V=永住権者の配偶者及び子供
移民・永住権 家族ベース アメリカ市民のスポンサーを持つ者
アメリカ永住権者のスポンサーを持つ者
雇用ベース EB-1=優秀な能力を科学、芸術、教育、ビジネス、又はスポーツの分野で有する者
EB-2=高学歴であり芸術、科学、又はビジネスの分野で例学的な能力を有する専門職
EB-3=技術者、専門職、その他
EB-4=移民が認められた一定の状況下にある者
EB-5=投資家
ディバーシティ 米国への移民数が少ない国からの移民希望者に対 する抽選によるビザ  
難民・亡命 母国において社会的、政治的その他の理由で迫害を受けている者に対するビザ

▲ ページトップへ