TOPICS

CONTENTS

携帯サイトはこちら

メールフォームでのお問い合わせはこちら

RSSはこちら

MtBook US Visa Support

ビザの種類

わかりやすいビザ>『B-2』の記事一覧

B-2ビザ 必要書類

    B-2ビザスタンプ申請 必要書類
  • 質問票
  • 証明写真
  • 学歴および職務経歴書
  • パスポートコピー
  • ビザスタンプコピー(過去ビザ支給者)
  • 滞在後自国に帰る証拠となる書類
      雇用証明書、アパート賃貸契約書など
  • 短期訪問の証拠となる書類
    B-2ビザ I-94(アメリカ合衆国内での手続き)申請
    必要書類
  • 質問票
  • 証明写真
  • 学歴および職務経歴書
  • パスポートコピー
  • ビザスタンプコピー(過去ビザ支給者)
  • I-94コピー(アメリカ滞在中の方)
  • 滞在後自国に帰る証拠となる書類
      雇用証明書、アパート賃貸契約書など
  • 短期訪問の証拠となる書類

B-2ビザ 申請の流れ(2) I-94(アメリカ合衆国内での手続き)



B2ビザ(長期観光)
申請の流れ(2)
I-94(アメリカ合衆国内での手続き)

・・・クライアント様  ・・・弊所

 質問票・必要書類一覧送付 
  ↓
 質問票・必要書類(翻訳)返送 
・記入後、事務所に返却
  ↓
 申請書類案作成 
・申請書類案作成
 数日〜数週間
(契約書で選択したオプションによる)
  ↓
 申請書類署名 
・申請書類案を確認後、署名
・署名済み最終版を返送
  ↓
 移民局提出 
・署名入り書類の最終確認
・申請料支払
・移民局提出
受理後1〜2週間後 移民局受理番号の交付
  ↓
※移民局から追加情報や
証拠提出を求められた場合
30日程度で要返信

 追加情報・書類要請 
  ↓
 追加情報・書類要請提出 
  ↓
 移民局審査 
・許可 / 却下
  ↓
 許可書発行 
・I-797の発行
・既に滞在中の場合はI-94の延長

B-2ビザ 申請の流れ(1) ビザスタンプ(大使館での手続き)


B2ビザ(長期観光)
申請の流れ(1)
ビザスタンプ(大使館での手続き)

・・・クライアント様  ・・・弊所

 質問票・必要書類一覧送付 
  ↓
 質問票・必要書類(翻訳)返送 
・記入後、事務所に返却
  ↓
 申請書類案作成 
・申請書類案作成
 数日〜数週間
(契約書で選択したオプションによる)
  ↓
 申請書類案確認 
  ↓
 書類送付 
・大使館面接予約
・予約日の通知
・申請料支払
・申請書類送付
  ↓
 申請準備 
持参資料の準備
・パスポート
・過去10年間に発行された古いパスポート
・証明写真
  ↓
 面接前打ち合わせ 
  ↓
 面接 
・大使館にて面接
  ↓
 ビザ発給 
・面接に問題なければ発給


10年のB1B2ビザの申請を行っても、一回だけのビザや10年未満のビザの発行になってしまう可能性はありますか?

 10年のB1B2ビザの申請を行っても、一回だけのビザや10年未満のビザの発行になってしまう可能性はありますが、通常10年の複数回渡航のビザが発行されます。

2014年10月10日

B1B2ビザ取得後、初期と異なる目的での渡米は可能か?

 B1B2ビザ取得後、初めにビザを申請したときと異なる目的での渡米はよく準備して望むべきです。例えば、ビジネス目的であれば、渡航先からのインビテーションレターを入手したり、観光目的であれば、帰りのチケット、渡航中の滞在先を証明する書類を用意しておく等があります。

2014年0月10日

B-2申請費用

在日米国大使館へのB-2ビザ申請時
  • 当事務所への報酬 196,000円〜 
  • 米国政府への申請料 17,600円〜/人 
  • その他経費
米国移民局へのI-94申請時
  • 当事務所への報酬 110,000円〜 
  • 米国政府への申請料 31,900円〜/人 
  • その他経費
これらの費用は標準的な費用です。個々の案件ごとに異なる場合があります。必ず事前に確認ください。また、1ドル112.25円(2016.4.25現在)として換算していますが、申込時の為替レートにより実際の額は算出されます。

B-2(観光ビザ)

観光ビザの目的として認められている項目は次に通りです。(詳細な条件は省略)


  • 旅行
  • 友人・親戚への社交目的の訪問
  • 健康上の理由
  • 社会的団体のコンベンションへの参加
  • アマチュアの音楽、スポーツ、若しくは無報酬での類似のイベントへの参加
  • 米国軍人の被扶養者
  • D又はB-1 の同行者
  • 米国市民との結婚(但し、結婚後出国が条件)
  • 非移民との結婚(但し、結婚後配偶者の家族ビザ取得が条件)
  • H-4資格がありながら、取得が困難又は不可能(配偶者及び子供はB-2での入国可)
  • E,H又はLビザ保有者の結婚していないパートナー(性別を問わない)
  • F-1ビザの子供に同行する親
  • 週18時間未満の短期語学学校就学

▲ ページトップへ