TOPICS

CONTENTS

携帯サイトはこちら

メールフォームでのお問い合わせはこちら

RSSはこちら

MtBook US Visa Support

ビザの種類

わかりやすいビザ>『家族スポンサー』の記事一覧

「ビザ無し渡航での結婚は?」

 長い遠距離恋愛が実って晴れてアメリカ人と婚約した人がまず直面するのは、ビザの取得にどうして何ヶ月もかかるのかという点でしょう。私のところへの同様の問合せも多くあります。いろいろなオプション(そのオプションは別の回で説明していますので、バックナンバー「アメリカ人との結婚に基づく永住権申請方法」を参照して下さい。)を説明すると、その後にほとんどの方がする質問は、「ビザ無し渡航(Visa Waiver Program: VWP)で結婚できないか?」です。どのオプションも取得に最低数ヶ月かかってしまいますので、簡単に入国できるVWPは、手っ取り早い方法に思えるのは当然です。しかし、上手い話には、気をつけなければなりません。答えは、原則としてできませんが、結婚して帰国し、配偶者ビザ又は永住権の申請をするならば大丈夫です。

 VWPは基本的に短期間アメリカに滞在し、目的を達した後に出国するのが趣旨のビザです。従って、このビザで入国後結婚し永住権の申請をする人は、入国時に結婚して長期間アメリカに滞在する意思を持っていた可能性が高いのです。そうすると入国に際して、永住の意志を持ちながら、短期に帰国すべきビザを取得した(すなわち、嘘をついて入国した。)としてビザ詐欺に問われる可能性があります。それでは、入国した際はそのつもりがなかったのですが、入国後状況が変わって、又は、気が変わって、結婚したと説明をすれば良いし、誰も心の中など分からないと思われるかもしれません。日本人的に嘘も方便と言ったところでしょうか。しかし、アメリカ人、アメリカ社会は、嘘について非常に敏感であり、厳しい姿勢を取ります。そもそも、VWPの3ヶ月間に誰かと恋に落ちて結婚するなんて普通に考えて現実的ではありません。入国時にフィアンセがいると説明していれば、フィアンセを3ヶ月訪問して、その後帰国するつもりだったと言えなくはないのですが、そのような説明をしていれば、最悪入国を拒否されかねません。

 私のところに来る類似の問合せだけでも、かなりの数に上ります。まして、移民局が受ける同様の案件は、数限りないでしょう。おそらく、そのような説明は、あまり説得力を持たないと考えた方が良いでしょう。基準としては、VWPで入国後2ヶ月以内に結婚した場合には、ビザ詐欺の疑いが濃いとして厳しい審査が行われると考えておいて下さい。運良く移民局を説得できれば良いのですが、説得できなかった場合には、その後の結婚に基づくビザの入手だけでなく、その他のビザの入手も困難になる深刻なリスクを負うのですから、お勧めできるオプションではありません。

 VWPで入国し結婚後出国し、正当なビザの申請をするのであれば良いのですが、それでも、入国時に結婚してその後帰国しないのではないかと疑われないように、必要な書類を充分に準備するのは重要です。


2009年2月23日

「アメリカ在住外国人による家族ベースでの永住権申請資格」

 アメリカに滞在している外国人が、アメリカ市民または永住権者と結婚した場合には、日本に帰国せずにアメリカに滞在したままでの永住権の申請が出来るのでしょうか?出来る場合と出来ない場合があります。どのような条件を満たせば、申請が可能なのか分かりやすくまとめます。個々の事案は必ず事前に専門家に相談して下さい。 


アメリカ市民との結婚
1 申請者が違法に入国した場合:特別な例外規定の適用を受けない限り、アメリカに滞在したままでの永住権の申請は出来ません。
2 申請者が合法的に入国し、現在も合法的滞在期間内である場合:アメリカに滞在したままでの永住権の申請ができます。
3 申請者が合法的に入国したが、現在は合法的滞在期間が過ぎてしまっている場合:アメリカに滞在したままでの永住権の申請が出来ます。


永住権者との結婚
1 申請者が違法に入国した場合:特別な例外規定の適用を受けない限り、アメリカに滞在したままでの永住権の申請は出来ません。
2 申請者が合法的に入国し、現在も合法的滞在期間内である場合:様々な条件を満たした場合にのみアメリカに滞在したままでの永住権の申請ができます。
3 申請者が合法的に入国したが、現在は合法的滞在期間が過ぎてしまっている場合:配偶者が帰化(アメリカ市民権を取得する。)するなどの条件を満たさない限り、アメリカに滞在したままでの永住権の申請は出来ません。


 帰国せずに、アメリカ合衆国に留まったままでの永住権の申請をできるのは、様々な条件を満たした場合だけです。もし、そのような条件を満たしていれば、永住権申請に際していろいろな面で有利に進められます。移民・非移民ビザにかかわらず、申請はタイミングが大切です。出来るだけ早く、準備を始めるように心がけて下さい。また、専門家に相談し間違いのない準備をして下さい。


2009年1月13日

家族スポンサー

アメリカ合衆国の市民又は永住権者の家族としての移民です。

▲ ページトップへ