TOPICS

CONTENTS

携帯サイトはこちら

メールフォームでのお問い合わせはこちら

RSSはこちら

MtBook US Visa Support

ビザの種類

わかりやすいビザ 出入国 >「悪意犯罪 (Crimes Involving Moral Turpitude)」

「悪意犯罪 (Crimes Involving Moral Turpitude)」

 アメリカへの入国拒否理由の中に犯罪があります。過去に有罪判決を受けた、起訴猶予になった、逮捕された等の経験があれば、今後の入国にどのような影響があるか心配です。全ての犯罪が入国拒否理由に該当するのではありません。いろいろな基準があります。その一つがCrimes Involving Moral Turpitudeです。この概念にぴったりな上手い訳語がないのですが、ここでは「悪意犯罪」とします。悪意犯罪に関して有罪判決を受けた人は、入国拒否の対象になります。

 悪意犯罪の定義は、制定法によって規定されておらず、悪意犯罪についてだされた判例を総合的に判断して定義とするしかありません。全ての犯罪は、基本的には悪意犯罪と非悪意犯罪に二別できます。悪意犯罪とは、「殺人」等どこの場所でも、どの時代であっても本質的に悪意を伴う犯罪行為です。非悪意犯罪とは、「スピード違反」等、場所、時代によって異なり、特に悪意の有無を問うものではなく、違反した場合は法令により犯罪となります。

 悪意犯罪は、刑罰の軽重に必ずしも比例しません。常識的には、懲役刑などあり得ないような軽微な犯罪でも、移民法上は入国拒否の理由となる悪意犯罪に該当する場合もあります。具体的な悪意を持って特定の犯罪行為を行う意図があるかどうかが重要なポイントです。個々の犯罪については専門的な分析が必要になりますので、移民弁護士に必ず相談して下さい。ある犯罪を悪意犯罪かどうか判別する目的でなく、単純に概念を理解する目的のためだけの説明としては、うっかりして犯した犯罪ではなく、悪いと知りながら犯した犯罪と説明すれば簡単で判りやすいかもしれません。さらに、悪意犯罪で有罪判決を受けなくとも、悪意犯罪を構成する要因を認めた場合も、入国拒否理由になりますので、注意が必要です。

 アメリカで、何らかの理由で裁判所のお世話になった場合、その犯罪についての裁判外での交渉(司法取引)を検察官と行う際にも、刑事上の問題だけでなく、今後アメリカに入国を拒否される犯罪とならないように、充分理解して判断してください。今後の人生でアメリカへのかかわりがなくなってしまうリスクを知らないうちに取ってしまったりしないように、可能であれば、刑事事件であっても、必ず移民弁護士又は移民法・国籍法も熟知した弁護士に相談するのが重要です。当事務所においても、過去の裁判記録、犯罪歴の確認から、入国拒否事由の免除まで対応していますので、必要な方はまずは相談して下さい。

2009年2月7日

コメント (8)

やまさんへ


 お問い合わせありがとうございます。不正直に関する犯罪は、一般的にCrime Involving Moral Turpitude (CIMT=悪意犯罪)とみなされますので、お問合せの件は、CIMT窃盗罪に部類され恐らく悪意犯罪とみなされるでしょう。悪意犯罪となると、ESTAを使用する資格がなくなり、米国へのビザ取得の資格を失います。一回のみのCIMTであれば入国資格喪失にならない状況もありますが、あなたの案件について米国移民法弁護士と相談するのは非常に重要です。


回答:米国移民法弁護士アレック・キャノン、翻訳:山本千波、監修:米国弁護士山本寿賀)

恥ずかしながら、数年ほど前に数回キセルを行ってしまい鉄道法違反で2万円の罰金刑を受け前科1となりました。(詐欺罪ではありません。)この場合、悪徳犯罪ということでエスタでのアメリカ入国はできないのでしょうか。。

わたさんへ


 事故に遭遇したそうで心中拝察いたします。自分に過失があるかないかに関わらず、事故は精神的な痛手になります。


 あなたの言うように、この件は、悪意犯罪(CIMT)には該当しない可能性の方が發い任靴腓ΑESTAの質問はこれまでに悪意犯罪を犯したか明確に尋ねてはいませんが、それこそが質問の真意です。その質問に「いいえ」と答えても恐らく大丈夫でしょう。ESTAの質問に注目すると、他の内容と共に、重大な身体への傷害をもたらす犯罪に関してこれまで有罪となったかと尋ねています。ですからこの場合、B2の観光ビザをアメリカ大使館か領事館で申請すれば、より安全でしょう。これには、ESTAを申請するよりも多くのプロセスがありますが、より安全でしょう。しかし、ビザを申請する前に弁護士に相談するようお勧めします。


回答:米国移民法弁護士アレック・キャノン、翻訳:山本千波、監修:米国弁護士山本寿賀)

1年前に人身事故を起こし、過失運転致傷で罰金30万を払いました。実際には車とバイクで、接触はしていないのですが
こちらの車に驚いて相手方が転倒し怪我が重症になってしまったという内容です。
スピード違反や飲酒運転ではありません。
このような前科があるとエスタは申請できませんか?
内容をみると悪徳犯罪にはあたらないように思うのですがいかがですか?
来年の8月に家族旅行でアメリカを訪れたいのですが
どのようにしたらよろしいでしょうか?
アドバイスいただけると嬉しいです。

ひとみさんへ

 判決謄本を用意の上、米国入国の資格を喪失したかどうか、例外事由に該当するかどうか、免除申請が可能かどうかについて、正式に法律相談を受けられるようにお勧めします。

質問お願いします。
覚せい剤で保護観察つきの執行猶予になりました。
先月、執行猶予満了になりました。
アメリカへ旅行に行きたいと思っておりますが可能でしょうか?

GKJさんへ


 犯罪の内容次第で入国の是非がおおよそ分かります。判決謄本を用意して、法律相談を受けられるようにお勧めします。

恥ずかしながら、今年、著作権法違反で逮捕され懲役1年6ヶ月、罰金50万円、保護観察なしの執行猶予3年の判決を受けました。実は逮捕前にアメリカ勤務の仕事の面接を受けており、釈放直後に内定の連絡を頂き来年春から渡米予定です。雇用側はまだ私の逮捕歴について知りませんが、隠せる事ではないと思うので内定取消しになるのも覚悟した上で正直に伝えるつもりです。ビザは15ヶ月間限定の国際文化交流のQビザになり、70名程で一緒に渡米する事になります。また、現在アメリカ人と婚約中です。可能であればアメリカでの就労を終え帰国後、国際結婚とアメリカ移住をしたいと考えています。相手には事実を全て説明してあり、一緒に乗り越えようと言ってくれていますがとても不安です。これまでに語学留学で5年間有効のF−1ビザを取得し1年後に帰国、その後も観光で2〜3ヶ月の滞在を何度か繰り返しておりますが、一度も入国拒否や別室での取調べ等を受けた事はありません。それでも渡米回数が多いので逮捕歴に加えてこれらも問題視されはしないかと心配しております。執行猶予中の私には今後、就労と結婚にどのようなハードルがあるのでしょうか?ビザ取得の可能性は残されていますでしょうか?

コメントを投稿

(初めての投稿者はオーナーの承認が必要となり、暫く時間がかかります。予め御了承下さい。)

この情報を登録しますか?

▲ ページトップへ